Q&A(話し方 継続)

ご質問にお答えします

あがらずに話せるようになりますか?
大丈夫です。 いくつかの方法で、あがらなくなっていきます。
「場数を踏む」「慣れる」も大事です。
人数の少ないところから始めましょう。
人前での話は、まったく苦手なのですが
心配いりません。 話せるようになります。 私がそうでしたから。
スピーチは、何を話すのですか?
話題は自由です。思ったこと、感じたことを話してください。
ただし、してはいけない話題は、「政治の話」 「宗教の話」「場違いな話」「不吉な話」 です。
腹式呼吸は、声にも心にもいいのですね
不安や緊張を感じたとき、腹式呼吸をすると、気持ちが落ち着きます。
腹式呼吸による発声で、声がラクに出せるようになります。
声はよくなりますか?
いくつからでも、声はよくなります。
1日3分の発声練習でも、かれにくい、ひびきや通りのいい声に。
そして、声が出ると、本番に強くなります。
「感じがいい話し方」とは?
コミュニケーションは、言葉のやり取りだけではありません。
言葉と、視線・表情・態度、声の表現を使って相手の心をつかむと、「感じがいい」 と思われるのです。
むずかしそうですが、必ずできるようになります。
見学、体験はできますか?
申し訳ございません。
見学、体験は、少人数制(5名まで)のため行っておりません。
ただ、有料ですが、1回だけの2時間単発の講座はあります。
希望すれば、スピーチをビデオ撮影できるのですか?
スピーチは、ビデオ撮影あり、なしを選んでください。

ビデオ録画すると、自分のスピーチを客観的に見ることができます。
表情・態度・身ぶり手ぶりなどのチェックができます。
また、録画で自分を見ていると、いつでも自分の姿を想像できるようになります。

ビデオ撮影は、最初はイヤだという生徒さんが多いですが、慣れていくのです。
そして、スピーチやカメラに慣れるとともに、表情や動作もよくなっていきます。
スピーチをビデオ録画して、アドバイスというのは?
スピーチをビデオ録画して、チェックします。
チェックポイントは、声、かつぜつ、よくよう、表情、ジェスチャーと、話のまとめ方などです。
それに、前の録画と比較しながら、アドバイスしていきます。
声と話し方がよくなるのが、ビデオ録画で確認できます。

もちろん、録画なしのスピーチも 可です。
録画なしは、スピーチのあとに寸評をします。
話し方は大切ですね
はい。
話し方が上達し、そして 「感じのいい人」 と思われると、仕事でもプライベートでも、驚くほど、うまくいくようになります。
「声と話し方が変わると、人生が変わる」は、本当です。
受講の曜日と時間、期限は、どうなっていますか?
毎回、曜日と時間を変えられます。
毎週の受講が無理なときは、1週間や1日に、数回もできます。
また、数か月分を1か月で、受講もできます。

1か月分の期限は、1回目の受講日から、翌月の前日までです。
(正月をはさむと、期限は1週間延長)

PAGE TOP